サイト内を検索...

「SONIA RYKIEL(ソニア・リキエル)」から、50周年を祝うアニバーサリーバッグ“パヴェ・パリジャン”が登場

1968年にパリでスタートしたブランド「SONIA RYKIEL(ソニア・リキエル)」が、生誕50周年を記念して発売するバッグ“パヴェ・パリジャン”。

ジュリー・ドゥ・リブランがデザインした限定コレクション、コンパクトで革新的な“パヴェ・パリジャン”をインスタグラムからご紹介します。

革新的なバッグ“パヴェ・パリジャン”

“パヴェ”とは、フランス語で敷石や石畳のことです。

何世紀もの間、映画や音楽・政治のスローガンの中などで讃えられ、パリのシンボルとなっているパヴェ。

1968年には、古い体制に反抗する学⽣たちがその手にパヴェを持ち、最初で最後となる闘いを起こしました。

そんな、パヴェが主役となった年・1968年に誕生した「SONIA RYKIEL(ソニア・リキエル)」。

50年目となる今年、革新的でファッショナブルなバッグ“パヴェ・パリジャン”を発売します。

コンパクトサイズなのに実用的

縦長のキュービックシェイプがモダンな印象。

グレインドブルスキンのボディにさりげないブランドロゴがアクセント。

ミラーや隠しポケット・キーホルダー付きで、コンパクトなのに実用的なアイテムです。

2WAYで使用可能

ショルダーストラップは取り外し可能。

カジュアルコーデにはクロスボディで、ドレスアップにはキャリーハンドルでとシーンによって使い分けができます。

選べる8カラー展開

エレガントなコーデに合わせたいシックなカラーから、着こなしのポイントになる鮮やかなカラーまで個性あふれる8色展開。

小物の差し色に赤を使うのは、パリジェンヌの定番スタイル。

パリの石畳が似合う真っ赤な“パヴェ・パリジャン”で、小粋なパリジェンヌを気取ってみて。

トレンドの鮮やかなイエローも、リアルレザーでエレガントな印象に。

コーデのポイントに取り入れれば、ハッピーオーラ溢れる着こなしの完成!

シックにもポップにもカジュアルにも使いやすい、万能カラーのホワイト。

難しいコーデにもなじんでくれるから、合わせる服を選びません。

お気に入りのカラーを見つけるのも楽しみのひとつ。

カラーによってガラっと印象が変わるから、コーデによって使い分けるのも◎!

“パヴェ・パリジャン”を持って気分はパリジェンヌ

パリのエスプリを感じる「SONIA RYKIEL(ソニア・リキエル)」のアニバーサリーバッグ“パヴェ・パリジャン”。

いつものコーデに取り入れて、おしゃれで小粋なパリジェンヌ気分を楽しんで。